看護師の年収事情

私の年収って低いの?高いの?なかなか人と腹を割って話せる話題ではないですよね。しかし自分の給与が社会の中、業界の中でどのくらいの所に位置するのかは気になるところです。もし低いのであればそれを改善したいという思いを持つ方がほとんどでしょう。
まずは客観的に、看護師の年収データについて考察していきましょう。

看護師の平均年収は472万円

厚生労働省のデータによると、一般的な会社員の平均年収は414万円に対し、看護師の平均年収は472万円。およそ60万円高めです。女性に特化した場合、職種別平均年収ランキングの中ではなんと11位に位置しており、医師や公認会計士、SEや教師などに次ぐ位置にいます。このデータを見る限り、看護師はいわゆる「高給取り」と言えるでしょう。

昇給のスピードは緩やか

看護師の年代別の平均年収は下記の通り。

【年代別看護師の平均年収】

  • 20~24歳/380万円
  • 25~29歳/450万円
  • 30~34歳/460万円
  • 35~39歳/473万円
  • 40~44歳/493万円
  • 45~50歳/511万円
  • 51~54歳/528万円
  • 55~59歳/550万円

注目ポイントは20~24歳の平均と、そのあとの昇給幅です。まず、20~24歳のいわゆる新社会人世代の一般的な会社員の平均年収は約300万円。それに対して看護師は380万円と圧倒的な高水準です。一方でもっとも平均年収が高くなる50~54歳の時期、看護師の平均年収は511万円、それに対して一般会社員は約620万円。つまり初任給からの昇給の幅は一般社員のほうが大きいことがわかります。

まとめ

上記のデータから、看護師は「いわゆる高給取りだけれども昇給幅は少なめ」と言えます。新卒時から収入がぐっと増えるということはないようですが、「資格」という強み、仕事内容の専門性の高さから、職を失うリスクは極めて低いという点は保険になるでしょう。もし上記の平均年収よりも現在の年収が明らかに低く、それに対して改善を求めたいのならば、転職を視野に入れることを考えて尾良いでしょう。

看護師転職サイトはこちら

薬剤師転職サイトはこちら

一般転職サイトはこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>